中学受験って大変

中学受験って大変

私の家族は、妻と娘のハルカ、息子のカナタの4人です。

そして、カナタはただいま小学6年生。
現在中高一貫の私立中学進学を目指して
一生懸命(だといいですが)勉強しています。

スポンサーリンク

かつての私が中学受験について思っていたこと

私は地方出身で、私立中学というものが存在していることも
小学生のときは知りませんでした。
「しりつ」の意味が、市立なのか私立なのかもわからないくらい。

それでも私は公立高校→国立大学と進学しました。
大学の同級生には、中学受験を経験している人もいました。
確かに一部の人は頭の使い方が違う、と思ったものですが、
大部分の人は特別に違いは感じられず、
むしろ、小学校からそんなに勉強ばかりしていて
大変だったんだなあと思っていたくらいです。

スポンサーリンク

今の我が家にとっての中学受験

そんな私の小学生時代とは、
比べ物にならないほど、カナタは勉強しています。
それでも希望する学校に行けるほどの力はまだありません。

少し前に放送されていた「下剋上受験」の桜井家は、
お父さんが仕事を辞めてまで娘の受験に懸けたわけですが
我が家はそこまでのことはできません。

この春、慶應義塾中等部に合格した芦田愛菜さんは
1日12時間も勉強していたそうですが、
カナタにはまだまだそこまでの根性はありません。

そんな程度の我が家でも、日々の勉強は大変だと感じています。
そもそも、遊ぶことだって大切な小学生に、
テレビやゲームも我慢させてひたすら勉強させることが
心の底からよいとは思っていません。

ただ、高校受験と比較すると、中高一貫校に入れば
中学時代の時間的な余裕が大きく違うというのが、
一番のメリットだと思っています。

そして、何よりも今は本人が「行きたい」という意思があるので、
親としては支えてあげたいと考えています。

しかし、中学受験をしようと(親が)決めた一番の理由は、
実は別のところにあります。
それがこのブログのひとつのテーマでもあります。

次回以降、どうなるかわかりませんが、
徐々に書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク