勝負の夏に向けて面談実施(模試振り返り編)

勝負の夏に向けて面談実施(模試振り返り編)

スポンサーリンク

塾の面談がありました

土曜日、学校説明会の後で、塾の面談がありました。
面談は1時間程度のつもりだったのですが、
終わってみれば何と3時間を超えていました。

面談の内容は、
先日の模試の振り返りと夏期講習に向けての学習計画、
そして、夏期講習の計画、でした。

今日は模試の振り返りについて書きます。

前回と比べると4教科総合では+2程度アップしましたが
カナタの場合、なぜか1教科よくなると、1教科が悪くなり
合計するとほとんど変わらない、という状況が続いています。

まず算数。
4教科の中で一番得意な科目で、そこそこはできるのですが
そこから抜け出すことができません。
今回も前回より少し下がってしまいました。
ただ、計算問題は前回、今回と2回続けて全問正解。
朝の計算の効用が感じられるのはこれからに期待が持てます。

次に国語。
今回は漢字や語句の問題が良くできたのが効いて、
4科目のなかで一番偏差値が高く出ました。
しかし、前回は国語が一番悪かった。
5年生のときから安定感に欠けているので、
今回一度できたからと言ってもまだまだ信用がおけません。

そして理科。
もっとも課題が多い教科です。
やったばかりのところはできるのですが、
5年生で習った内容は忘れてしまっていることも多い。
あれ?と思うほど基礎的な問題ができないことがわかって
塾の先生に挽回する方法を考えてもらうようお願いしました。

最後に社会。
5年生のときから偏差値は低空飛行を続けていました。
ただ、当時は習っていないところも多いから、と言っていましたが
6年生になっても偏差値が上がってこないまま。
塾の先生からは理科と社会は夏休みから追い込んでいけばよいと
言われていますが、それにしても心配なレベルです。

この結果を受けて、ではどうやって夏の勉強を進めていくか、
という話に続いていきます・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク