ガラスの十代

ガラスの十代

スポンサーリンク

そうは問屋がおろさない

昨日は、計算間違いを自分で確認して
怒ることもなく計算練習を終わらせたカナタ。
いつもこうならいいなあと思っていましたが
そんなに劇的に変わるようなことはありません。

今朝は、少し工夫すると多少計算が楽になる問題で
計算間違いをしたのですが、
私から指摘されて直した答えがまた間違えていました。

「あれ、…まだ違うよ」と声をかけると…

・・・あらら、ひっくり返っちゃった。

ピンポイントで間違い箇所を指摘して
他はあっているから、ここだけ見直せばいいよ、
というところまで教えているのに

「だって全部やり直さないとだめじゃん!」
と一人で怒っています。

昨日は何だったんだろう…

でも、もたもたしている時間もない。
叱らないように気をつけながら声をかけて
何とか計算をやり直させました。

「何で間違ってるの!あってるじゃん!
 意味がわからない!」

ブツブツ言いながらもう一度やり直すと
やっと自分の間違いに気づいた様子。

そこまでいけばもう大丈夫。
自分が納得できれば多少大変でもできるんです。

こうして無事?に今朝も計算練習が終わりましたが
これだけで一日のエネルギーを使い果たしたような。

カナタのガラスの心を取り扱うのは難しい。

もっとも、ガラスなので割れても割れても再生できるので、
そういうものと思えば気も楽になるのかもしれませんが。

ちなみに本日カナタがキレた問題はこちらです。
気が向いたら解いてみてください。

1989×1989-1988-1990=

答えはのちほど公開します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク