実験の結果、わかったこと

実験の結果、わかったこと

スポンサーリンク

途中経過ですが

毎朝続けている朝の計算練習。
最近カナタが私よりも早く解けないことに
イライラしているのかも、という話を書きました。
計算の極意を身に着けるにはひたすら練習

もともとは、私程度の大人より早く解けないと、
入試では困るだろう、と思ったので
私も全力で数十年振りに問題を解いていました。

ところが、カナタの計算速度は、
私の期待値よりも、思いの外遅かったのです。
また、問題も難易度の高い問題になった結果
最初は倍以上の差がつくこともありました。

今振り返ると、最初はカナタが先に終わるように、
私はゆっくり問題を解いて、
早い段階で「お父さんに勝った!」
という成功体験をさせてあげるべきでした。

という分析と反省のもとに、
この一週間、実験しました。

カナタの様子と問題の難しさに合わせて
難しいときはカナタに合わせた速度で解き、
簡単そうなときは、早く解くようにしました。

すると、予想通りの結果が。
難しい問題でも、私も進んでいないと分かると、
イライラせずに考えていました。

逆に、簡単な問題を先に解いてしまったときは
焦りが出るのか、すぐにわからないと言って
床に転がってしまいます。

・・・

私は完全にやり方を間違えていたようです。
こんな簡単なことがなぜできなかったのか。

きっと他にも間違ったことをしているはず。
これからのカナタへの接し方を、
じっくりと考える必要がありそうです…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク