それは言っていい言葉なのか?

それは言っていい言葉なのか?

スポンサーリンク

本人は気にしていない、と言っていますが

昨日も夕方まで夏期講習だったカナタ。

授業があった日は必ず報告をもらってくるので
カナタが帰ってくると声をかけて見せてもらいました。

本当は毎回見て気が付いたことは伝えるべきでしたが
これまでなかなか見られませんでした。
しかし、ちょっと前に気になる記載を見つけたので
夏期講習中は必ず毎日見せてもらうことにしました。

気になる記載とは、社会の授業のコメントで
「基本的なことができていない」
と書かれていたことでした。

前回の模試の結果はよかったのですが、
模試には出題されていなかったところで
そういう指摘を受けていました。

今日社会の授業がちょうどあったのですが
コメントを見ると覚えるべきものが
覚えられていないという指摘を受けていました。

そこでカナタに「社会どうなってる?」と聞くと
先生にだいたいこんなことを言われたようです。

「こんな基本的なことも覚えていないの?大丈夫?やばいよ!」

それに対して、ちょっとむかつく、と。

確かに、春からここまでの間に一通りやったはずなのに
何故それを覚えていない?と言いたくなるような内容でしたが
先生がこういう言い方をするのはどうなのか。

ちょうど面談がもうすぐあるので、塾長に話をするというと
「それはいい」とカナタ。

「覚えていないのは自分が悪いし、言われてもしょうがない。
 少しむかつくけど、全然平気」

うーん。
塾長に話をして、先生に何か言われるのがいやなのか
それともなんとなく恥ずかしいのか。
平気じゃないときに「平気」というのもカナタの特徴なので
言葉の通り受け止めるのもちょっと考えてしまいます。

ただ、カナタが本当に気にしていないと言っても、
カナタの特性を考えなくても、
発言自体は問題だと思うので、面談で話をしようと思っています。

つまらないことでやる気がそがれるのだけは、避けたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク