中学受験は家族の受験

中学受験は家族の受験

カナタの受験校選びは滑り止め校決めで
絶賛難航中ですが、ネットで検索していたら
ある記事のこんな言葉が目にとまりました。

「中学受験は家族の受験」

スポンサーリンク

何のための中学受験?

我が家の場合は、
本人が受験したいから勉強していることにして、
カナタが自発的に始めたというスタンスは
何があっても維持しています。

しかし、内心は、
高校受験になると内申点が考慮されるので
発達のでこぼこがあるカナタには不利、
と思っているので、何とかこのまま頑張って
最後には結果を出してほしいと思っています。

遊びたいのが当たり前の年頃に、
自分の意思だけで勉強を続けるのは難しい。
だからこそ、親の関わり方がとても重要です。

実際に受験するのはカナタでも
そこまでの過程で親も試される。
家族の受験とはそういうことですよね。

ちなみに、その記事には、
魅力ある私学の見つけ方は
「自分の感覚を信じること」
「合わない学校は瞬時にわかる」
とありました。

確かにそうですけど、いいと思った学校が、
箸にも棒にも届かないところばかりだったら
どうしたらいいのでしょうか・・・

本当に第一志望の学校に行きたいんだったら
もっと頑張れ、カナタ!

とは、自分なりには頑張っているカナタには
正直言えません・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク