過ぎゆく夏のほろ苦い思い出

過ぎゆく夏のほろ苦い思い出

只今サッカーの2018FIFAワールドカップ
アジア地区最終予選の真っ最中です!
勝てばワールドカップ出場が決まる大切な試合。
何としても、日本代表に勝ってもらいたいものです。

スポンサーリンク

ちょっと古い話ですが

それはさておき、サッカーと聞いて
ふと思い出したことがあるので
忘れないように書こうと思います。

それは、カナタがまだ、
幼稚園の年長さんのときのことです。

幼稚園では、季節に応じて
様々な行事がありました。

夏といえば七夕です。
七夕と言えば、短冊に願い事や夢を書きますよね。

カナタが年長のときは
「将来なりたいもの」がお題でした。

将来の夢なんて

そこで、事前にカナタに何を書いたかを
聞きましたが何故か教えてくれませんでした。

でも、その頃からなりたいものを聞いても
わからないというくらいで、
具体的な夢があるとも思えません。

だから、何を書いたのかを考えながら
当日幼稚園に行って、短冊を見ると…

サッカーのせんしゅ

当時のカナタは運動に苦手意識があり
進んで運動をすることもなければ
そもそもサッカーボールを蹴ったこともないはず。

絶対、友達が書いたのをまねただけ

カナタに理由を聞いても
わからない、適当、という感じで
明確な答えもありませんでした。

当時はなんでもいいから一つくらい、
なりたいものはないのか?と思いました。

でも、今になって振り返ると
カナタにとってそんなことを聞かれるのは
苦痛以外の何物でもなかったのだろうと
思います。

カナタがもっと小さいときから
発達のでこぼこに気づくチャンスは
たくさんあったはずなのに。

勉強不足で、目の前の出来事を
しっかり見て対応できなかった
自分の未熟さを改めて反省しています。

スポンサーリンク

そしてワールドカップ

と、そんな昔話をここまで書いている間に
ワールドカップ最終予選では
日本が1点先取して後半に入っていました。

このまま逃げ切れ!
ガンバレ、ニッポン!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク