夜のお楽しみ、となるか?

夜のお楽しみ、となるか?

昨夜から始まった、カナタと妻の漢字練習(+α)。
今夜も夕食後、早速始まりました。

スポンサーリンク

漢字練習二日目は

今日は昨日とは違って疲れもあったのか
若干不機嫌そうなカナタでしたが
ノルマはこなしていました。

ただ、塾からの帰りの車中でも、
「今夜も漢字練習、やるよね?」
と楽しみにしているような風で
言っていたとのこと。

自分で言い出したことですから
よほどのことがない限り、
やらないとは言わないだろうと思っています。

でも、カナタが妻と一緒に漢字練習を
やりたかった本当の理由は、他にありました。

スポンサーリンク

勉強したかった本当の理由

実は、夏休みが始まったころ、
ハルカが英語を習い始めた先生から
基本の復習用に勧められた3分間ドリルを、
妻とハルカで毎日やることにしました。

ただ、残念ながらここ一カ月くらい
手つかずになっていますが・・・(:_;)

カナタは、ハルカが妻と一緒に勉強しているのが
うらやましかったと妻に言ったそうです。

うーん、毎朝の計算練習では、そんなこと、
言ったこともないよね・・・(^-^;

カナタにとって、私はちょっとした壁に
なっているようです。

ただ、どんな動機であっても、
自分で決めたことをきちんとやること、
そして、やったことを覚えることができれば
それはこれからのカナタに役に立つはず。

まずは3日、次は3週間、そして3カ月続けば
きっと漢字の力も伸びているはず。

今日も答え合わせがきちんとできていないと
妻に指摘されていましたが、
そういう弱点も克服して、結果を出してくれ!
と心から願わずにいられません・・・

どうか夜のお楽しみとして定着しますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク