ズル休み

ズル休み

三連休明けの火曜日。

学校でも会社でも連休明けの初日は
朝起きたときに、
「行きたくない!」と思うことが
あるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

いろいろあって

カナタは昨夜も寝るのが遅くなり
朝なかなか起きられませんでした。

計算練習は何とかこなしましたが
そのあとも気が進まないのか
やることが進みません。

しかし、一番やる気をそいでいたのは
先日発覚した嘘のせいで
朝の日課になっていたテレビを
妻から禁止を言い渡されていたこと。

ふてくされて寝転がっていましたが
最終的には学校に行きました。

スポンサーリンク

大人と子供の違い

一方、私はいろいろあって
今日は会社を休みました。

はっきり言って
ズル休み、ですが・・・。

ついさっきまで寝ていました。
子供たちの手前、頭痛がひどいことにして
(多少痛かったのは事実ですが)
休んでしまいました。

しかし、子供たちはその程度のことでは
学校を休ませてはもらえません。

何となく休みたいと思うことは
大人、子供にかかわらずあるはず。

にもかかわらず、世間的には、
子供たちにズル休みは許されていない
と思います。

私だって子供が何となく休みたいと言えば
学校へ行きなさいと言ってしまいます。

休ませていいときとそうでないときの
線引きはどこにあるのか、
これを機会に考えてみようと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク