続けることが正義なのか?

続けることが正義なのか?

先日の緊急面談で、
先生から聞いた話の中で
気になったことがありました。

スポンサーリンク

このまま続けるべきなのか?

それは、

少し難しい問題が出るとすぐあきらめる

という傾向が見られるということです。

今朝の計算練習でも、
苦手な図形の問題を見ると、
ほぼ考えることなく
「難しい、分からない」
と言ってやめてしまいました。

もちろん、
ある程度の制限時間があるので
そのギリギリまでは考えてほしいのですが
今日はまだ少し余裕があったのに
やめてしまいました。

ただ、限られた時間の中では
全くわからなければ
まずは解き方を真似るのはアリです。

ですから、その後で答えを見ながら
私が説明するのをちゃんと聞ければ
問題はないと思っています。

しかし、最近は
わからない自分にイライラするのか
説明の途中で怒ることが増えています。

時には涙を流し、物に当たります。

さすがに塾では暴れられないですが
そうなると問題に取り組むまでに
かなり時間がかかるとのこと。

もともと、
カナタには中学受験は向いていない、
と療育の先生にも言われています。

辛そうにしているカナタを見る度に、
このまま続けてよいものか、
それが本当にカナタのためなのか、
考えると胸が苦しくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク