思い込みの強さはいつでも問題の火種

思い込みの強さはいつでも問題の火種

本日の晩御飯は妻の負担を軽くするため
カナタの塾の終了後、回転寿司へ行きました。

事前予約していたので、すんなり席に着いて
寿司を食べたところまではよかったのですが・・・

スポンサーリンク

その反応?

お店の外に置かれていたガチャガチャ。
それを見てカナタがやっていい?と妻に聞きます。

以前からミニオンズのガチャガチャを
探していたことを覚えていた妻は、
「ミニオンズならいいよ」とカナタに言いました。

そして、たくさん並ぶガチャガチャの機械を
探し始めたカナタでしたが・・・。

以下、妻とカナタとの会話

妻:ミニオンズあった?
カ:ない、けどやっていい?
妻:え、ミニオンズないんでしょ?
カ:ドラゴンボールあるから!
  お母さん、やっていいって言ったじゃん!
妻:お母さんはミニオンズならいいって言ったよ!
  そんな、思いつきで何でもいいからやるなんて
  だめだよ!!

これで一気に不機嫌になったカナタ。
どうやらカナタの中では、

ミニオンズならいい

ガチャガチャやっていい

という変換が行われたようでした。

こういう自分に都合のよい変換を勝手にして、
そうでないと言われると怒り出す、
ということが、カナタにはよくあります。

そして、できるかどうかわからないことでも
一度「できる」と言ってしまったら、
そのようにインプットされてしまうので、
結局時間がなくなってできなくなったときに
猛烈に怒り始めます。

だから、妻は対象を限定してカナタに伝えたのですが
よく話を聞いてなくて、こういうことになりました。

スポンサーリンク

怒りの果てに

カナタはどうしてもガチャガチャをやらないと
気が済まなくなってしまい、
「やるまで帰らない!」と言い出しました。

ただ、妻もある程度扱い方はわかっています。
絶対に買わないことをはっきり伝えます。

じゃあ、そのまま残っていればいいじゃん。
お母さんはもう帰るよ。
後で自分で帰ってくるか、警察に保護されて
帰ってくるか、好きにしなさい!

そこまで言われて観念したのか
しぶしぶ一緒に帰ってきました。

しかし、そのあともカナタは大荒れ。
結局寝るまで、ずっと怒り続けていました。

こういう思い込みが、いつ、どこで発動するかは
全く予測できないのですが、しばしば起こるので
そのたびにエネルギーを使い果たします。

せっかく食べた回転寿司の味は、
どこかへ飛んでしまいました・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク