新たに生まれた緊張感

新たに生まれた緊張感

先週末から、朝の計算練習のやり方を
少しだけ変えてみました。

と言っても、
カナタには大して影響はなく
私だけに変な緊張感が生まれたのですが…

スポンサーリンク

漢字練習を参考にして

変更点はたったひとつ。
お互いの答え合わせをすることにしました。

カナタは計算するときに、
途中式を書かない、字が汚い、
といった理由のケアレスミスが多く、
ノートの書き方を塾の先生からも
度々指導されていました。

しかし、慣れた自分の型があるので
なかなか定着しません。

ならば、書き方の具体例を毎日示し続ければ
何か感じるものがあるかも、と考えて
私の回答をカナタに採点させるようにしました。

これは、夜の漢字練習と同じやり方ですが、
今までカナタに散々色々言ってきた手前、
間違えたら立場がない、という変な重圧が。

スポンサーリンク

思っていなかった事態が

そして、いざ始めてみると、
私がいくつも計算間違いをしてしまい
ちっともいいお手本になっていません…orz

あえて言えば、式はきちんと書いているので
誰か見ても、間違えた場所がすぐにわかると、
カナタに実感させることができれば
むしろよいと言えるかもしれませんが。

これ以上正答率が下がると父の威厳に関わります。
カナタには内緒で、予習しておこうかな…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク