その漢字練習に意味はあったのか?

その漢字練習に意味はあったのか?

カナタは今朝起きられなかったおかげで
朝のやることがすべて夜になってしまいました。

スポンサーリンク

悪循環

寝坊する

朝やることできない

夜にすべてやる

寝るのが遅くなる

寝坊する
・・・

という悪循環を繰り返しているカナタ。

今日も夜の漢字練習を始めたのは10時半過ぎ。
この時間になってもまだ寝ていません。

漢字練習は続く

塾の先生から勧められたこちらの漢字ドリルも
すでに3周目くらいになっているようですが


中学入試の最重要問題★国語漢字 [ 学研教育出版 ]

同じところを何度も間違えていて
なかなか苦手な漢字は覚えられないようです。

スポンサーリンク

これやったら覚えるかも?

そういえば、私が小学校高学年の頃
「漢字1000字」を書いて先生に提出する、
ということをたびたびやらされました。

でも、これは何かやらかしたときに課される、
いわば「罰ゲーム」でした。

漢数字だけとか、あまりに字が汚いとか、
ある程度きちんと書かないと
さらに1000字プラスされたり
今思えばむちゃくちゃでした。

しかし、これは覚えることが目的ではないので
学習効果は全くなかったような気がします。

忘れ物が多い同級生は毎日罰が積み重なって
いつしか課題が何万字にもなってしまい
泣きながら放課後書かされていたような、
そんな記憶もあります。

今のカナタにそんなことを言ったら
絶対、キレてしまうと思いますが、
どうしても覚えられない漢字を
覚えようと思って1000回書いたら
さすがに覚えるのかな、と思う夜でした・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク