怒ってはいけない

怒ってはいけない

今日は過去問完成講座の日。
開始時間が普段の学校と変わらないので
昨夜から「いつも通り起きて計算するよ」
と言ってありました。

スポンサーリンク

朝は不機嫌

予定の時間になっても起きてこないカナタ。
本当に間に合わなくなるギリギリの時間になって
ようやく起きてきました。
しかし、気持ちよく起きたわけではないので
「おはよう」の一言も言えません。

それでも、早速計算練習を始めたのですが
今日の少数と分数の混合算は少し複雑でした。
それで、時間がかかるうちイライラしてきて
足をバタバタ。

ついにはひっくり返り、
しばらくして寝室に行ってしまいました。

怒ってはいけない

こういうとき、以前は怒ってしまったのですが
今は黙って様子を見ることにしています。
その方がカナタが自分で戻ってきやすくなるからです。

今日もしばらくして気持ちを落ち着けたら
机に戻って、問題を解き直していました。

戻ってきた後も少し時間はかかっていましたが
何とか自力で解けました。

そして、その後は何事もなかったように
朝ご飯を食べ、出かけていきました。

スポンサーリンク

親が変わらないと

今朝はまだ時間があったのと
自分自身が仕事があるわけではないので
落ち着いて対応できたのですが、
平日はなかなか難しいときがあります。

いつまでたっても進歩がありませんが
たまたま今朝、
ADHDのお子さんを持つ方のコラムで
「親が変わらなければ変わらない」
と書かれていたのを読んで、
あらためて、自分に言い聞かせました。

「怒ってはいけない」

場合によっては必要なときはもちろんありますが
基本、怒っても状況は好転しないことも
頭ではわかっている(つもり)なので・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク