失敗から得られた学びのポイント

失敗から得られた学びのポイント

今朝のカナタは、
自分の目覚ましの音で起きてきました。
今日は先に朝食を食べてから
計算練習をすることにしました。

スポンサーリンク

声かけで失敗

私は先に食べ終わっていたので、
朝の掃除をやっていました。

あともう少しで終わるというタイミングで
「計算やろう!」
と声をかけられました。

あと少しだから、と思って
「ちょっとだけ待って!」
と言って掃除を続けたのですが
これが失敗でした。

私にとっての少しが、
カナタにとっても少しとは限りません。 

むしろ、自分のリズムを崩されるので
待つのは苦手だとわかっていたのに
カナタを待たせてしまいました。

結果、カナタは待ちきれずに寝室へ。

最終的には、私が待たせたことを謝り、
妻からの声掛けもあって、
無事に終わらせることができましたが
自分でも今日はダメだと反省しました。

スポンサーリンク

指示の出し方の注意点

今朝私が悪かった点は、
先の予定がわからない、
あいまいな返事をしたことだと思います。

カナタにストレスをかけないためには
時間や行動ができるだけ具体的にわかる
声かけが必要です。

もし「後2、3分かかるから先着替えて」
と言っていれば、多少の不満はあっても
まだ待つことができたのかなと思います。

ただ、それは相手が誰でもそうすべき、
というレベルの話です。

自分自身にそういう傾向があることを自覚し
日常や仕事の場でも意識して行動しよう
という学びを得られた朝の出来事でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク