山あり谷あり

山あり谷あり

昨日、無事に1月受験の合格をつかんだカナタでしたが
その結果がわかる数時間前、実は大荒れでした・・・

スポンサーリンク

新たな課題

話は3日前にさかのぼります。

学校を休んで勉強するなら、
塾が開く時間までは家で勉強するので、
その分の課題も追加してもらって
残り時間でやることを検討してほしいと
塾の先生に依頼しました。

そのために、昨日はカナタ曰く
「絶対できない」というほどの課題を出され
朝からかなりご機嫌斜めでした。

それに加えて、ここ最近の過去問で
算数の基本問題の正答率が低いことを
先生が気にしていたことから
「朝の計算練習、全問正解しないと終われない」
というルールが導入されました。

現在5問1組で5~10分程度の問題を
毎朝解いているのですが、
早くできても半分間違っていることもあり
私も実は気になっていたところでした。

そこで、これを5問全問正解できなければ、
さらに5問やって、それでもだめならまた5問・・・
ということを先生から言われてきました。

目的は、早く、確実に基本の計算問題が
できるようにするためです。
特に第一志望校の算数は基本問題が多く
その部分での間違いは許されないので
日々の計算練習から真剣にやることが
何よりの対策になります。

なので、先生の提案自体は理解はできましたが
相手はカナタです。

それを聞いたとき、できるかなあ・・・、と
とても不安な気持ちになる自分がいました。

自習初日の朝

そして、前夜から文句ばかり言っていたカナタは
学校を休む代わりに朝ちゃんと起きる、
という約束を早速守れず、妻にたたき起こされました。

そして、その状態のまま計算練習に入りました。
こういうときはたいてい結果が出ないものですが
なんとか一発で全問正解してほしいと思っていました。

結局、時間は5分もかからなかったものの、
結果は2問不正解。単純な計算ミスでした。

というわけで、残念ながらもう5題。
ここまではまだ、カナタにも耐えられました。

しかし、次の5題も残念ながら1問不正解。
それ以上、一気に頑張れる気力は
カナタにはありませんでした。

椅子から崩れ落ち、ハイハイして移動、
床にふせたまま動かなくなってしまいました。

こうなってしまうと復活までに時間がかかります。

追加の5題に取り組めるようになるまで
そこから30分近くかかりました。

ただ、カナタがそれでもマシだと思えるのは
自分の中で気持ちの整理がつけば
時間がかかっても自分からやるところです。

実際、時間がもったいないし
一分一秒も無駄にできない、という状況で
こんなことで時間をロスしたくはないので
ついついイライラしていろいろ言ってしまいます。

それでも、まだ、自分からやり始めているところは
評価してあげないとだめなんだろうと思ってはいます。

この課題の肝は速さと正確さの両立にありますが
より「正確さ」を重視することを
日頃から意識すべきということをわかってほしいのです。

昨日の反省を活かしたのか、
それとも意図を理解することができたのか
今朝は、昨日よりも慎重に計算していたようでした。

そして、無事に一発でクリアしていました。

明日も、明後日も、そして本番もその調子で、
よろしくお願いします・・・

スポンサーリンク

まだまだこれから

そして、出された課題に対しては
昨日一日やってみたカナタの感想は
やはり量が多かったようでした。

話を聞いているとカナタに誤解がありそうでしたが
今日、先生にきちんと状況を伝えて、
やることを決めてくるように話をしました。

さて、どうなることでしょう。

本番までいよいよ20日ほどになりましたが
大小さまざまな山谷がありそうです。

「早く終われ!」という気持ちがありつつ
「このままでは間に合わない」という焦りもあり
気の抜けない日々が続きますね・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク