足を引っ張るな!

足を引っ張るな!

試験本番までいよいよ後2週間。
今週のカナタは、絶好調!
と言いたいところですが、
思わぬところからつまずきが生まれます…

スポンサーリンク

思わぬトラブル

学校をお休み中のカナタは、
塾が朝から開いている日は
朝から塾に行くことになっています。

逆に、夕方からしか開かない日は、
家で第一志望校の過去問を一年分解いて
塾に持っていくことを課されています。

カナタにとってはなかなか大変な課題でも
やるしかない状況なので、
文句を言いながらも何とかやっています。

しかし、過去問完成講座明けの月曜日。
家で過去問を解こうとしてきたカナタに
思わぬトラブルが降りかかりました。

それは
問題用紙と解答用紙の年度がずれている
という初歩的なミスでした。

どうやら、塾の事務員さんが
コピーを間違えてカナタに渡したようです。

何だそれだけのことか、
と思われるかもしれません。

しかし、カナタにとっては過去問は、
コピーした解答用紙を使うものだと
決まっています。

だから、代わりにノートでもいいとは
絶対に思えないし、無理です。

これでパニックに近い状態になったカナタは
妻に電話をかけまくったそうです。

ただ、幸いにも、妻が仕事の合間に
どうにかフォローできたおかげで
無事に家で過去問を解くことができました。

スポンサーリンク

塾の対応どうなってるの?

カナタの話からすると、コピーしたのは
塾の事務員さんのようでした。

実はこの事務員さんの仕事ぶりが
私は以前から気になっていました。

というのも、度々配布される文書を見ると
とっても重要なお金(料金)の記載間違いや
その他誤記が大変多いのです。

つまり、日頃からミスが多いと思っています。

先日も、先生が不在になる日に、
先生からカナタへの伝言を預かっていたのに
それを伝えるのを忘れたために、
カナタが半日を無駄に過ごすという事件が
発生したばかりでした。

コピーミスの件も、
結局、日頃の仕事ぶりの現れだと思います。

一分、一秒でも大切な時期なのに
緊張感が足りないと苦情の一つも
言いたくなります。

まさかこんな形で塾に足を引っ張られるとは
思ってもいませんでしたが
お願いだから、生徒の足を引っ張るな!
と強く言いたいところです…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク