恐れていたことが

恐れていたことが

受験前最後の日曜日に塾が休み、
という事実がわかったときに
あれこれ不安に思ったものでしたが
不安は現実に・・・

スポンサーリンク

ない!

朝は極端に早起きはせず、睡眠時間を優先して
7時半に起きることにしていたにもかかわらず
結局8時ごろまで起きられませんでした。

それでも、今日は休息第一です。
遅く起きたなら、その分疲労が回復して
集中して勉強に取り組めれば
それでよいと思っていました。

それなのに、出だしからつまずきます。

あろうことか、今日やるべきことを
先生に書き込んでもらった計画表がない、
というのです。

血相を変えて、鞄の中や考えられそうな場所を
探すカナタですが、見つかりません。

スポンサーリンク

積み重ねの大切さ

実は昨夜、課題をきちんともらってきたのか
カナタに確認していました。

先日も過去問のコピーをもらっていなくて
騒ぎになったばかりなので、
わざわざ、念押ししたつもりでした。

もらってきた、大丈夫という答えだったのと
昨夜は家に着くなり寝てしまいそうだったので
家に着いてから全部そろっているか確認せずに
寝てしまったのが敗因でした。

もともとカナタには、塾から帰宅したら、
先生にチェックしてもらった計画表と
授業の講評を書いた紙を見せるように
何度も言ってきたのですが、
自発的に見せてきたことは一度もありません。

ただ、よくよく考えれば、
カナタの自発的な行動を期待できるわけがなく、
もし私が、それを習慣化できるまで
毎日でも言い続けて、強制的に確認していたら
こんな最悪なタイミングで恐れていたことが
起こることもなかったでしょう。

あらためて、
日ごろの積み重ねがいかに重要か
思い知らされました。

結局、カナタが出された課題を思い出して
自分のやり方で勉強をしていましたが
それをきっかけにふてくされて寝てしまったり、
集中せずぼーっとしていたりしているうちに
考えていたいくつかのパターンのなかでも
ワーストケースに近い一日になりました。

早く寝るつもりだったのに
今もまだ、妻と二人で漢字練習中です。

きっと明日の朝も早起きは無理でしょう。
この調子では受験当日が思いやられます(涙)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク