迷い

迷い

ついに残すところあと2日。
ここまで来たら、親としてできることは
環境を整えることくらいです。

スポンサーリンク

役割分担

妻は、体調管理や身の回りのお世話担当。
消化が悪い食材や小麦粉を使わない食事や
起床、就寝などの時間管理など
朝晩フルに世話をしてくれています。

私は、塾の送迎や出願の手続き、
受験票の用意や当日の行動計画づくりなど
直接カナタの世話をするというより、
送迎以外は事務的な処理のような
後方支援的な部分をフォローしています。

先日行動予定表を作った話を書きましたが
早速立てた計画を見直すべきかどうかで
今悩んでいます。

スポンサーリンク

不安と迷い

一つは移動手段。
自宅の最寄り駅までは車、
現地までは電車と徒歩を想定していました。

しかし、移動時間に余裕がないことと
天候が怪しくなっていることで
どうするべきか迷っています。

もう一つは、これも今更なのですが
受験日程そのものの見直しです。

第一志望校の日程を重視して、
滑り止めの滑り止め校を受けるのは、
滑り止め校の結果を見てからの予定でした。

しかし、それは滑り止め校には楽々合格、
というくらいのレベルの子でなければ、
リスクが高い計画です。

それはわかっていたものの、
そこを受けたために、
第一志望校の試験に影響が出るのは避けたい
という気持ちもあり、
予定に入れるのをためらっていました。

しかし、カナタが急に不安になったのか、
日曜の夜になって、
滑り止めの滑り止め校も受けておきたい
と言い出しました。

体調面の不安はもちろんありましたが
それよりも精神面の不安を取り除かないと
結果が出ない確率は明らかに高まります。
 
というわけで、直前ですが
受験日程は変更することにしました。

これ以上、親が何かに迷っていると
カナタにも不安が生じます。

もう、迷っている時間はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク