幸せな結末

幸せな結末

中学受験生活、最後の戦いに挑んだカナタ。

もう後がない状況に追い込まれてから
ようやく本来(以上)の力を出してくれました。

スポンサーリンク

あきらめない

思えば、5年生の2月には、
第一志望を決めていたカナタ。

しかし、その当時から最後の模試まで
合格可能性が40%を超えることは
一度もありませんでした。

昨年末の模試の偏差値だけをみれば
10以上不足していました。

すべてをここに合わせてやってきたはずの
一回目の試験で大失敗をやらかし、
立て直した二回目は手ごたえがあったのに
合格には届かず。

おまけに、最後の日程ということで
倍率も10倍は軽く超える見込み。

どこからどう見ても、
客観的には合格するのは難しい。

しかし、そんな状況でも
塾の先生、家族の誰一人として、
合格を信じてあきらめませんでした。

スポンサーリンク

予感が現実に

試験が終わって、カナタを迎えるために
外に出たときに見た空がとてもきれいでした。

この空を見ていたら、
何かいいことがありそうな、
そんな気がして、
思わず写真を撮りました。

その予感は的中して、しかも、
このブログにその写真をアップできるなんて、
何だかできすぎた話だなあと思います。

最後には、最高に幸せな結末が来ましたが
そこに至るまでの過程では
あきらめそうになる瞬間が何度かありました。

そんな、カナタと私たち家族の
長いようで短かった5日間を
2月1日までさかのぼって、
明日から振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク