金メダルの余韻

金メダルの余韻

平昌オリンピック、フィギュアスケート男子シングルで
羽生結弦選手が見事、連覇を達成し、金メダルを獲得。
宇野昌磨選手も銀メダルを獲得したため、
日本勢のワンツーフィニッシュ達成という
なかなかのインパクトがある結果となりましたね。

スポンサーリンク

感動、そのあとは

昼ご飯を食べながら、最終グループの演技を
テレビで観戦していました。

ハルカは失敗するのを見るのが怖いから
結果だけ教えて、と言って、
ご飯を食べ終わると自分の部屋へ。

カナタは羽生選手に金メダルを取ってもらいたいので
他の選手たちの演技中は、失敗することを祈るという、
スポーツマンシップとは真逆の応援を送っていました。

それにしても、自分でもインタビューで話していた通り
漫画の主人公にしても出来過ぎ、ということを
やってのけた羽生選手には、かける言葉も見つかりません。
本当にすごい人ですね。

観戦を終えると、みんな疲れてしまったのか
私以外の家族はみんな昼寝を始めてしまいました。

中学受験生活が終わってようやく2週間。
予定のない週末も久しぶりのことでしたが
こんな週末が過ごせるのも、
それはそれでいいことだ、と思っています。

まだ、誰も起きてこない、そろそろ起こさないと・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク