中学受験 2018 振り返り vol.13 祈り

中学受験 2018 振り返り vol.13 祈り

カナタの中学受験本番を振り返るシリーズ。
13話目は、2月4日のお話です。
こちらの記事で書いていますが、
そこで触れていなかったことを書こうと思います。

現実

スポンサーリンク

やる気復活、のはずが

二度目の不合格から一夜明けた朝。
いよいよ明日は最後の試験。
後悔のないように頑張ろう!

というテンションのはずだったのに
何故か全くやる気が見られなかったカナタ。

今でもなぜそうなったのかはわかりません。

ただ、10時に塾ヘ行く約束だったのに
その時点では支度もできていませんでした。

すると、出発しようとしていたタイミングで
塾から電話が…

先生はカナタに合わせて予定を立てて、
カナタのためだけに、
その時間に塾を開けてくれていたのでした。

それなのに、カナタはいえば、
その時点でもグダグダしていていましたが
何とか引きずり出して電話は妻に任せて
出発しました。

塾に向かうまでの車では終始無言でした。
何か言うと説教になるのわかっていたし、
カナタも話を聞ける状態ではありませんでした。

塾に到着すると、
まずは先生に遅れたことを謝りました。
そして、とにかくカナタの態度が悪かったので
やる気がなければやめさせてくださいと
先生にお願いして家に帰ってきました。

後は、最後の一日を無駄にしないでほしいと
祈るだけでした。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク