中学受験 2018 振り返り vol.14 安堵

中学受験 2018 振り返り vol.14 安堵

カナタの中学受験本番を振り返るシリーズ。
14話目は、2月4日夜のお話です。
塾で一日を過ごしたカナタに変化が起こります。

スポンサーリンク

事態は好転して・・・

塾からの帰りは19時の予定でした。
しかし、その少し前になって
カナタから電話がかかってきました。

「もう少しやってから帰る」

その声はやる気に満ちているようでした。
塾の先生がどんな言葉をかけたのか、
どんな魔法を使ったのかはわかりませんが
とにかく、いい雰囲気でした。

一時間延長して、20時に塾に着きました。
塾には、先生二人とカナタの3人だけ。

一日目、二日目のカナタの出来から
社会を一通りやり直すために、
社会が得意な先生を塾長が呼んでくれただけでなく
二人がかりでカナタを指導してくれました。

マンツーマンどころか、先生2対生徒1。
もちろん、授業料は発生していません。
本当にありがたいと思いました。

そのおかげだったのか、
すっかりやる気を取り戻したカナタは
先生との相談の結果、最後の課題を持って
最後は先生からの激励を受けて塾を後にしました。

朝のカナタとはもはや別人のようになって
本当によかったと胸をなでおろしながら
家に帰ってきたのですが・・・

その帰りの車での何気ない会話がきっかけで
あんなことになってしまうとは
塾を出発した直後の私とカナタには
まだ知る由もありませんでした。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク