中学受験 2018 振り返り vol.16 覚悟

中学受験 2018 振り返り vol.16 覚悟

カナタの中学受験本番を振り返るシリーズ。
16話目は、2月5日のお話です。
2月1日の夜以上に最悪な一夜を過ごして迎えた
最終決戦前の様子はこちらに書きました。
最終決戦

今回は、試験中の様子と私が考えていたことを
振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

最後のチャンス

2月2日の試験時は
人であふれかえっていた保護者用の控室も、
この日は空席が目立ちました。
それだけ受験者は少なくなっていますが、
合格予定者も当然少なくなります。

志願者数だけで見れば定員の30倍以上。
実際はその半分程度になるとしても
15倍以上という難関をカナタは超えられるのか。

今日、この場に来ている子供たちの多くは
カナタと同じく最後のチャンスにかけていた
と思います。

しかし、第一志望の合格が決まっているのに
受験校コンプリートを狙ってわざわざ受験する子も
いることがあると聞きました。

実際、そういう子たちが見かけの偏差値を
釣り上げているのかもしれません。

しかし、過去の結果を見ても
一定の点数を取れれば、倍率は関係なく
合格できることは私たちもカナタも
よくわかっていました。

だから、ライバルは自分だけ。

きっと、カナタよりもこの学校の過去問を
解きまくった子は他にいないはず。
またこの学校に行きたい、という思いは
誰にも負けないはず。

今日という最後のチャンスに、
自分の思いを答案を通して伝えておいで、
という言葉をかけて送り出しました。

これでだめなら仕方ない。

親としても、そういう覚悟ができた瞬間でした。

この4日間、大きな浮き沈みがあって、
本当にもう無理と思った瞬間もありました。

しかし、今朝、カナタを送り出したときは、
もうできることはすべてやりきった、
という気持ちになりました。
それは今日の天気のように清々しいものでした。

なので、試験中の待ち時間も不必要な緊張は
ありませんでした。

試験の合間に張り出された試験問題を見ても
鍵となる算数は、今のカナタだったら
全問正解できてもおかしくない、と思えたので
後は、力を出し切るだけ、それだけを祈りつつ
終了の時を待ったのでした。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク