中学受験 2018 振り返り vol.17 自信

中学受験 2018 振り返り vol.17 自信

カナタの中学受験本番を振り返るシリーズ。
18話目は、2月5日試験終了後のお話です。 
最後の試験を終え、戻ってきたカナタは…

スポンサーリンク

きっと、大丈夫

試験の終了時刻が近づき、
外でカナタが戻って来るのを待つ間、
この5日間の出来事を思い返していました。

たった5日間なのに、初日のことは
もうずっと昔の出来事のように思えました。

初日の朝のカナタと比べると今朝のカナタは
別人のようでした。
二度の不合格を経験したことによって、
やっと受験生の顔になったように思います。

天気もよく、空がきれいで、
こんなときはきっといいことがあるはず、
だからカナタはきっと大丈夫、
と二人で言い聞かせて戻りを待ちました。

そして、終了の鐘が鳴りました。
すべての試験がこれで終わりました。

スポンサーリンク

手応えあり!

戻ってきたカナタは、
試験場の様子から話し始めました。
本当はすぐに手応えを聞きたかったのですが
そこはこらえて、カナタの話を聞きました。

しばらくすると、カナタが突然
「算数やばい、90点以上取れたかも」
と、急に試験の話を始めました。

その後も各教科の出来を話してくれました。
手応えがあったのか、
多分合格できた!と言う顔には 
2月2日とは違う、自信があふれていました。

話の通りなら、確かに合格できるはず。
カナタの言葉を信じ、後は結果を待つだけ。

最後に、またここに来られますように!と
みんなで祈りながら、学校を後にしました。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク