告知問題

告知問題

カナタの中学進学を前にして
解決していない問題があります。

スポンサーリンク

これまでの経緯

カナタが発達のでこぼこを持つことは
学校にも塾にも伝えました。

学校では担任の先生に恵まれ
最大級の配慮をいただいたおかげで
無事に卒業できました。

塾では学校とは違うので
色々と試行錯誤はありましたが
密に話をすることで
何とか結果を出すことができました。

そして、中学進学です。

発達障害に関する小学校と中学校の関係

公立小学校から私立中学校へ進学すると
発達のでこぼこのような特性については
学校間で引き継ぐような仕組みはないそうです。

一方、公立どうしの場合は
事前に情報が共有されることもあるようです。
小学校から中学校へ申し送ることで
合理的配慮が受けられやすいように
対応してくれることもあるようです。

いずれも公の場で語られてはいないので
どこの学校でもそうなのかはわかりませんが
気にされている方は
担任の先生に相談されてみるとよいと思います。

スポンサーリンク

我が家はどうする?

カナタの場合は私立中学校に通うので
事前に小学校の担任の先生に聞いてみましたが
これまで何か連携を取ったことはなかったとのこと。

ただ、中学校から連絡してくれれば
話はいくらでもすると言ってくれました。

カナタが快適な学校生活を過ごすためには
周囲の理解を得るべきとは思っていますが
まずはカナタの様子を見ながら
対応を決めることにしました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク