先生との相性

先生との相性

卒業式の後は集合写真を撮影して、
その後ホームルームでした。

スポンサーリンク

先生との相性は大事

中学校のクラス担任は、小学校と比べれば
子供との関わり方は浅くなると思いますが
それでも重要な存在です。

特に中学校生活最初の担任によっては
学校の印象を悪くしてしまうかもしれず
カナタにとって相性のよい先生が
担任になってほしいと思っていました。

カナタと相性がいいのは
しつこくなくて細かいことは気にしないタイプ。
(だいたいの人がそうかもしれませんね)

逆に、理由もわからず怒ったり
生徒は関係なく一人で熱くなるタイプの先生は
とっても苦手です。

高学年3年間を同じ先生に担任してもらい
発達のでこぼこのことも理解したうえで
暖かく見守っていただいたおかげで
無事に卒業できたと思っていたので
なおさら気になっていました。

スポンサーリンク

担任の第一印象

そして、カナタの中学生活最初の担任は
男性のベテラン教師になりました。

入学式ではちょっと強面に見えたのですが
教室では終始穏やかな笑顔で
少なくとも第一印象は悪くありませんでした。

あとでカナタに印象を聞くと
「普通」とお決まりの答えでしたが
まずは問題なさそうでした。

生活に慣れる段階で先生との関係は重要なので
いい関係を作っていってほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク