予定管理の難しさ

予定管理の難しさ

昨日、カナタが塾に行くのを忘れました。

ありえなーい

と思ってしまいますが、実はこれで二回目です。

スポンサーリンク

自己管理力が低いのは

受験生のときは、毎週の曜日は決まっていたので
さすがにそういうことはありませんでした。

しかし、今は中間試験向けの短期講座なので
週によって行く曜日がずれていたりします。

そして、中学生になったこともあり
今回はカナタに自己管理するよう言ってありました。
講座の説明もカナタ一人で聞かせて
自分のこととして動くよう仕向けてみました。

そのために、塾の予定を親から確認したり
日程について聞いたりしなかったので
こういうことになったのだと思います。

もっとも、こういう風になったのは
私たち親のせいでもあります。

じっくりと自分たちでやらせる、ということを
小さいうちからできればよかったのですが
時間がないからと親がやってしまったことも
多々あります。

平日は仕事、週末は家事で忙しくて
(というのは言い訳ですね)
子供たちの成長をゆっくりと見守ることが
ずっとできなかったことを
今になって後悔することがあります。

ただ、それを今更言っても始まりません。

だから、塾の日程管理は
今からできることを少しずつでも
と思ってやっていることのひとつです。

スポンサーリンク

試行錯誤は続く

幸いにも、塾の先生は
カナタのことも私たちの意図も
理解してくださっています。

昨夜カナタが塾に電話をすると
何とかフォローしてくれると
言ってくださったとのこと。

ありがたいことです。

本当はお金も絡んでくる話なので
簡単なことではないはずです。

しかし、そんなことは一言も言わず
対応していただいていることに
感謝するしかありません。

失敗しても許してもらえるうちに
失敗しないようになってほしい。

カナタと私たちの試行錯誤は
これからも続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク