浮き彫りになった課題

浮き彫りになった課題

日曜日に観覧した特別展「人体」。
混雑は覚悟の上で出かけましたが
その混雑ぶりは予想以上でした。

スポンサーリンク

無理なものは無理

会場は入場制限をかけていたはずですが
中に入ると人がぎっしりいて
なかなか先に進めません。

また、数々の標本や資料が展示された
第一会場には休憩スペースがないため
すべてを見終わるまで休憩もできません。

途中で通路を外れることもできないので
疲れても座ることさえできない環境です。

私達でさえしんどいと思う状況ですから
カナタが耐えられるわけがありません。

いくら声をかけても無理なものは無理。

周囲の迷惑だけにはならないように
注意は最小限にとどめて
半分放置しておきました。

スポンサーリンク

気にしすぎてはいけない

終始文句を言い続けたカナタでしたが
結局最後まで大きく離れることもなく
何とか最後まで観覧できました。

今になって振り返ると
これまでは細かいことを気にして
余計な注意をし過ぎていたことに
気づきました。

日常においても同じことです。
妻が言っていたのも
きっとそういうことなのでしょう。

口の出し過ぎは自尊感情を傷つけるので
これからは距離の取り方に注意して
温かい目で見守らなければと思いました。

自身の課題が浮き彫りになったことと
それに気づけたことが個人的には
今回の収穫だったと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク