父への手紙

父への手紙

昨日の父の日に子供たちから
手紙をもらいました。

だいたいハルカが計画して
カナタはそれに従うというのが
パターンです。

スポンサーリンク

成長と共に

二人から一番最初にもらった手紙は
たぶん幼稚園のころのものだと思います。

最初はひらがなもところどころ間違いがあり
文章は短くほぼイラストという感じでした。

それが成長するにつれて、
文字が正しくなって漢字が増えて
イラストが次第に少なくなり
文書も長くなっていきます。

今回もらった手紙には
イラストは一つも描かれていませんでしたが
手間をかける時間がなかったのだと思います。

そんな風に見た目には変化が出ています。

スポンサーリンク

手紙の内容

しかし、書かれている内容はといえば
だいたい下記のようなもので
基本的にはほぼ変わりありません。

・勉強教えてくれてありがとう
・お仕事頑張ってくれてありがとう
・これからもお仕事頑張ってね

ここにだんだん表現がついたり
自分の反省が多少入ったりしてきたのが
多少変わっていることですが
骨組みはほとんど変わっていません。

今回の手紙は先にハルカが書いたものを
カナタが後から参考にして書いたのか
ほとんど同じような内容でした。

こういう手紙を見ると
子供たちの中に一緒に遊んだという記憶が
ほとんど残せていないような気がします。

実際、遊べなかった、いや、遊ばなかった
という自覚はあります。

ですからこれは当然の結果なのですが
今更ながらにもったいないことをしたのだと
何だかとても寂しくなりました。

次に手紙をもらうときには
どんなことを書いてきてくれるのか。

それが子供たちとの過ごし方に対する
子供たちからの評価になるのかと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク