継続記録が途切れた理由

継続記録が途切れた理由

今朝になって途切れてしまった
計算練習の継続記録。
その原因は昨夜の出来事にありました。

スポンサーリンク

先生との約束

月曜夜の緊急面談を受けて、
昨日、先生とカナタで遅れの挽回策を
話し合うことになっていました。

そして、お迎えに行ったときに
その結果を聞かせてもらいました。

先生は、カナタの自主性を尊重して、
カナタ本人に現状認識をさせてから
対策も自分で考えさせたようでした。

私への説明も、
まずはカナタから話をするように仕向けて
続いて補足をする、という進め方でした。

自分で考えてそれを実行するのは
大人でもなかなか難しいもの。

ましてや、カナタにとっては、
決して得意ではない分野です。

しかし、先生が課したハードルを
カナタは何とかクリアして、
自分自身で挽回策を決めていました。

しかも、先生から勧められた分量より
少し多いノルマを自分で設定して、
それをきちんとやると、
先生と約束しました。

カナタがそう決めたのは、

第一志望の中学に合格するための
計画だから、全部こなしてほしいし、
できればもう少しペースを上げたい。

と先生に言われたから、らしいです。

正直、最近のカナタの様子からは
それは難しいのでは?と思いましたが
カナタ自身がやる、と決めたことを
先生が信じると言った以上、
私も信じるしかありません。

こうして、社会と理科については
カナタが決めたやり方で
一度仕切り直すことになりました。

スポンサーリンク

早速実行、その結果・・・

対策の手始めは、明日までに
これまでやったところの答え合わせと
修正を全部終わらせること。

そのため、9時前に帰宅すると
ご飯やお風呂を済ませた後、
こちらの心配をよそに、
11時半ごろまで一生懸命勉強していました。

そういうわけで、今朝は無理に起こさず、
身体を休めることを優先しました。
まあ、起きられなくても当然です。

今朝できなかった計算練習は今夜やりました。
先生と約束した最初の課題もやり切りました。

やると決めたことはやる、
カナタの強さを改めて見せてもらいました。

合格したい、という気持ちは
間違いなく持っているからこそ
やり切れたと思いますが、
これで終わりではありません。

むしろ、ここからが勝負です。
今は昨日の今日なので頑張れたと思いますが
この先、まだまだ山谷あると思います。

合格するための努力をどこまで続けられるか。
それをサポートするのは親の仕事。
カナタともども、私たち親側も
残り4カ月を一緒に頑張ろうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク