いじめ?

いじめ?

少し前からカナタが学校の話をするときに
ときどき「いじめ」という言葉が出てきます。

スポンサーリンク

いじめは犯罪

私たちは「いじめは犯罪」と
子供たちに以前から言っています。

私自身も小学校や中学校のとき
いじめを受けていたことがあるので
いじめられる側の気持ちはよく分かります。

ただ、私の場合は
そういうことをするのは一部だけだったのと
クラス全員に無視されるようなこともなく
味方もいたので何とか乗り切れました。

もし、我が子がいじめにあっているとわかれば
それなりに動きますし
逆にいじめているということがわかれば
全力で阻止する必要があると考えています。

ただ、いじめている側には
それが悪いことという自覚はないので
カナタから「いじめ」という言葉が出たときに
何をしているのかとても気になりました。

スポンサーリンク

関わらないこと

カナタの話をよくよく聞くと
積極的に物を隠すとかひどいことを言うとか
明かな「いじめ」ではなく
話しかけてきてもまともに相手にしない
という程度のものでした。

それも、最初からそうだったわけではなく
一緒に話をすると
その子がむかつくことを言ったり
奴隷のようにカナタを扱おうとしたり
先にひどいことをしてきたので
相手にしないようにしている、ということでした。

いじめを防ぐ一番の方法は
とにかく「関わらないこと」だと思います。
関わりがなければ
何をすることもされることもできないからです。

カナタの場合は
自分からは距離を取っているのに
相手から近づいてくるようなので
なかなか難しいようですが
一応こちらが伝えていることは
わかってくれているようでした。

ただ、それを適切に表現できる力が
カナタには不足しているので
「いじめ」という言葉になっていますが
それはこちらがよく話を聞いて
意味をくみ取ってあげるしかありません。

もっとも
カナタの話が本当ならという前提なので
事実は違う可能性がありますが
今はいじめているわけではないと思うので
付き合い方に気を付けるように話をしました。

ただ、部活も同じなので
距離を取るのが難しい状況でもありますが・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク