意地

意地

木曜日の夜のことです。

カナタとの話し合いでゲームのルールを
平日は1時間、休日は1.5時間と決めました。

もちろん、それは勉強時間も確保する条件ですが
ゲームはきっちり時間通りやるものの
勉強時間は設定した時間以上にやろうとはしません。

しかし、木曜日は12時過ぎまで勉強していました。

スポンサーリンク

ゲームへの熱い情熱

ゲームはきっちりやった後
疲れて寝てしまうことが多いカナタが
いつまでも寝ようとしません。

そのときは早く寝るように声をかけて
先に寝てしまったのですが
朝起きてからその理由がわかりました。

金曜日にテストがあったのです。

そのテストで合格しないと
連休明けの平日はゲーム時間を30分にする
と妻と約束していました。

今や脳の98%はゲームと言ってもいいほど
ゲームで埋め尽くされているカナタにとって
それは死活問題だったようです。

絶対に不合格にならないよう
意地で勉強していたというのが実態でした。

理由はどうあれそういうときの集中力は
カナタにあってハルカにないものです。

スポンサーリンク

結果

そして昨日。

帰宅したカナタが最初に言った言葉が
「テスト合格したよ!」
「だからゲームも普通にできるね」

意地になって勉強した結果が出てよかった。

98%ゲームで頭が埋まっていても
そのために頑張って勉強ができる今は
まだよいのかもしれません。

将来ゲーム100%の頭になって
勉強ができなくなってしまわないように
うまくコントロールしていきたいと思っています。

カナタにも
「結果を出せば文句は言わない」
と伝えています。

ただ、遅くまで起きていると
翌日の朝に響くので
本当は早く寝てほしいのですが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

ボタン上



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする