テストとゲーム、大事なのは?

テストとゲーム、大事なのは?

日々過ごしていると
他人とかかわる空間で過ごしている限り
何かを聞いたり聞かれたりすることが
必ずあると思います。

そんなとき、同じことを聞くときでも
上手に質問できる人とそうでない人がいる
ということを実感したことはありませんか?

スポンサーリンク

質問のやり方

仕事の場合だと、上司に相談するときは
「Yes」「No」で答えられるように
問題を整理してから聴け、なんて言われます。

でも、そこまで整理できる力があれば
質問するときには
ほぼ自分の中では問題は解決しているんですよね。

それがわからないから、質問するわけです。

ただ、そうはいっても
何を聞きたいのかを人に説明する力は
年齢に関係なく必要だと思います。

相手が大人でも子供でも
聞きたいことを相手に合わせて
ちゃんと伝えられるようになることは
とても大切だと思うわけです。

答えられない質問

では、
「テストとゲームのどちらが大事?」
と聞かれたら、何と答えるでしょうか。

そもそも「ゲームは悪」という人なら
迷わず「テスト」と答えると思います。

逆に「ゲーム命」の人には
答えにくい質問なのかもしれません。

というように、このような質問だと
答える側のベースの考え方によって
回答が変わってしまいます。

答えられない質問をしないためには
前提条件をお互いが理解していないと
うまく伝わらないですよね。

スポンサーリンク

親子の場合

ところが・・

そんなわかっているはずのことが
親子関係になるとできていないと
最近思います。

何かを子供に聞いたときに
こちらが期待する回答が
子供から返ってこないときに
つい怒ってしまいがちです。

冷静になって振り返ると
前提条件なく
「テストとゲームどっちが大事?」的に
質問していたように思います。

時間がないことを理由に
雑な聞き方をしてしまいがちですが
特にわが子たちには注意が必要でした。

テストを目前にしても
ゲームをやめられないカナタを見ながら
気づけただけでもよかったと思ったのでした。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

ボタン上



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする