体育の授業はハラスメント?

スポンサーリンク

先週のことです。

ハルカが体育の授業でケガをして帰ってきました。
今年はこれで三回目です。

普通ではないこと

ハルカの学校では体育の授業が厳しいようで
運動が苦手なハルカは苦労しています。

また、小学生のころのケガの影響で
足の動きが若干悪いため
それも入学時に記入する書類のなかで
申告していました。

厳しい、の意味は体育が苦手な生徒にも
無理やり先生が理想とするものを強制する
と言えばいいでしょうか。

ハルカは成績や先生のことが気になるのか
運動は苦手でもさぼることはありません。

できなくても言われた通りやってみた結果
結局できなくてケガをして帰ってきます。

ケガをするのは陸上とマット運動の時です。

毎年体育が陸上やマット運動になるたびに
だいたい捻挫をして帰ってくるので
そのたびに病院や整骨院のお世話になります。

それでも半年以内に3回も授業でケガをするのは
ちょっと普通ではないことだと思っています。

時代遅れの体育教育?

軽くネットを調べてみるとこんな記事がありました。
1年ほど前のものですが当時話題になったようなので
ご存知の方も多いのかもしれません。

「体育苦手だったけど社会に出たら困らなかった」に共感多数…
(出典:BLOGOS)

「体育の授業はハラスメントだから・・・」
という意見もありました。

その意は運動ができない人が
さらし者のようにされてしまうことを
指しているのだと思います。

私もマット運動がとても苦手なのに
床運動の演技を組み立てて発表するのは
ひどくつらかった記憶があります。

ただ、ハラスメント?と思ってしまうのは
できないことを囲に笑われたりバカにされたりする
という環境があるからだと思います。

できないことを誰も笑わない、応援する
という雰囲気ができているなら
本当は何も問題ないはずです。

結局、体育の授業がどうこうというより
「みんな違ってみんないい」という教育を
学校ができるようにならないと
解決しない問題だと思っています。

ハルカの問題はまた少し違う問題がありますが
それでも根本は画一的に同じものを要求するという
昔からのやり方に問題があるのでしょう。

これ以上ケガをされても困るので
学校には話をするつもりでいます。

おまけ

どうでもいい話で申し訳ありませんが
気分転換にブログのテーマを変えました。

内容は特に変わっていません。
引き続きよろしくお願いいたします。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ