留学生問題の結末

スポンサーリンク

最初に話が出てから一ヶ月ほど過ぎた
ハルカの留学生受け入れ問題に
ようやく結論を出しました。

カウンセラーの言葉

先日、施設の面談に行ったときに
カウンセラーに相談しました。

一通り話を聞いてくださった後に
こんな感じのことを指摘されました。

  • 留学生を受け入れるかどうかと
    態度の問題は別に考えるべき
  • 苦手を克服することを条件に
    留学生のことを許可するというのは
    よくない
  • それがハルカに必要だと
    お父さんお母さんが思っているなら
    それを大事にしたほうがいい

それはその通りだと思いました。
正論過ぎて反論の余地はありません。

ただ、妻は私以上に腹におちたらしく
面談後に自分のこれまでの言動を
反省している様子でした。

その面談を経た結果、私と妻の間で
選択肢は一つと認識が合ったので
あとはハルカが話をしてくるのを待ちました。

深夜の家族会議

それから数週間過ぎた土曜の夜でした。

ハルカが学校からもらってきた
ホームステイに関するプリントを持って
留学生を受け入れていいのか聞いてきました。

すでに夜の10時を過ぎていましたが
大事な話なのでそのまま三人で話をしました。

妻と私の間では結論が出ていたので
私たちからは理解してほしいことを
ハルカに伝えました。

一番の点はお金について、です。

ハルカは自分がいかに恵まれているか
まったく自覚がありませんでした。

そこで、少し悩んだのですが
家計の状況をハルカに伝えることにしました。

今年1年間の我が家の支出額と
そのうちハルカのために使った金額を
家計簿アプリで集計して見せました。

その割合の高さと金額を見て絶句するハルカ。

それから世の中の平均給与額の話や
額面と手取り額の話なども話しました。

そういう状況を理解させたうえで
もう一度ハルカの覚悟を確認して
最終的に受け入れてよいと伝えました。

いろんなことが厳しいのですが
私も覚悟を決めました。

今はハルカが今度こそ
この機会を無駄にしないことを
願うばかりです。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。