日帰り帰省の後に、困りごと発覚

日帰り帰省の後に、困りごと発覚

今日は一日中外に出ることなく、
家の中で過ごしました。
家族はみんな疲れていて、朝起きてご飯を食べたらまた昼寝。
なぜそんなことになったかというと・・・

スポンサーリンク

疲労がたまっていました

それは昨日、日帰りで妻の実家に帰省していたからです。

車で帰るので高速道路の渋滞が一番少なそうな日を
カレンダーをにらみながら予想して昨日に決めていました。

ところが、おとといのニュースでは
「明日がUターンのピーク」だと。
それでももう予定は動かせないので、覚悟を決めて行きました。

結果、幸いなことに行きも帰りもほぼ渋滞なし。
帰宅が深夜になることもなく、無事に帰ってこられました。

しかし、長時間ドライブのせいで疲れたのか
朝はゆっくり起きて、朝食後はまた昼寝。
運転手の私だけが起きていました(^-^;

スポンサーリンク

片や遅れを挽回、片や・・・

ハルカもカナタも、昼寝から起きてくるところまでは
二人とも同じように行動していました。

しかし、そこから二人は対照的な状況を迎えます。

カナタは、昨日はまったく勉強していなかったので
今日は二日分をこなす必要がありましたが、
抜群の集中力で課題をクリア。
内容をきちんと確認していないので、本当かどうか
若干の不安はありますが、一応やるべきことは終わらせていました。

一方のハルカ。
数日前から妻の実家に一人で行っていたのですが
その間勉強時間はゼロ。
行く前にやることを終わらせておくように
よくよく言い聞かせていたのに、蓋を開けると、

学校から渡された夏休みの課題(数学、英語)がほぼ白紙

「忘れていた」とハルカは言い放っていましたが
これでいいはずはありません。

なぜそうなったのか、理由を聞くと
「通信教育の課題を終わらせるのに時間がかかったから」
とのこと。

もともと本人の強い希望で、4月から通信教育を始めました。
私はただでさえ時間がないのにそんなのできるわけない、と
思っていましたが、妻と本人に説得されてしぶしぶ了承しました。

しかし、私の予想通り、ハルカは7月になるまで
ほとんど手をつけることなく、課題をため込んでしまいました。

そこで、夏休み中にたまった課題を終わらせなければ
8月で受講を中止することにしました。
できないものをやらせ続ける余裕は我が家にはありません。

ハルカはハルカなりに考えて、
予定を立てて課題に取り組んでいた様子。
しかし、その結果、学校の宿題が手つかずになるとは
思ってもいませんでした。

夏休みが始まるときに、宿題についてハルカに聞いたら、
ほとんど課題はないと言っていたので信じていたのですが、
実際は数学と英語については問題集が配られていました。

さらに、通信教育の教材も、数学は難しすぎて
添削課題がまったく解けないと言い出す始末。
学校の授業がわからないことを補足するための教材が
学校の授業より難しすぎて理解できないのでした。

しかし、ハルカにとってもっとも大切なのは
週にいくつか録画しているテレビドラマを見ること。

今夜ハルカが録画していたドラマを見るためには
今日中に通信教育の課題を終わらせるように
妻から言われていました。
しかし、それが絶望的になって妻に泣きを入れてきたことで、
ここまでの事態がようやく明らかに。

それから、あれやこれやと文句を言いながら
できない、なにすればよいかわからない、と
ふてくされること小一時間。

その時間があったら少しでも何かした方がよいのですが
こんな状況にあっても、テレビを見ない、という選択肢が
本人の口からは決して出てきません。

妻が叱らないよう、根気よく、我慢強く話をして
とにかくこの状況なら学校の宿題を優先してやること、
今日はドラマ見ている場合ではないことを納得させて、
やっと机に向かったハルカ。
つい先ほどまで数学の宿題をやっていました。

このまま通信教育はどう考えても無理。
しかし、英語と数学の学力を向上させるために、
何らかの対策は必要です。

カナタの受験勉強だけでもいろいろ心配なので
せめてハルカのことでは今年はあまり悩みたくないのですが
放置するわけにもいきません。

この夏、本当に頭が痛いです・・・orz

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク