毒親

毒親

中学受験のプレッシャーから解放され
小学校の行事も終了したこの春休み、
カナタにとっては毎日がパラダイスです。

スポンサーリンク

最高の春休み?

自宅にいればもちろんゲーム三昧。
ゲームに疲れたらテレビ。
それにも疲れたら昼寝。

友達に誘われて映画を見に行ったり
ハルカと公園に遊びに行ったり
近所の子供たちで遊んだり。

もちろん、勉強は自発的にはしません。
中学校からの宿題も声をかけない限り
放置しています。

小学生の春休みの正しい過ごし方は
本来こういうものなのでしょう。

スポンサーリンク

親目線のつもりが

でも、本人が希望して受講した塾の勉強や
習い続けているピアノの練習は
言われなくてもやって欲しいと思い
ついつい小言を言ってしまいます。

結果、カナタには不満がたまるだけに
なっているのではと、これを書いていて
思い始めましたが、親としてそう思うのは
間違いなのでしょうか。

冷静に自分自身を振り返ると
どうも、遊ぶことは悪いことという意識が
心のどこかにあるようです。

だから、子供たちが遊んでいると
何となく落ち着かない気持ちになり
余計なことを言ってしまった結果
家族にはストレスが溜まる…

私は、とんでもなくまずいことを
家族にしていたことに今、気づきました。

このままでは、完全に毒親決定です。
至急改善が必要ですね…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク