ストライキ

ストライキ

昨夜のことです。

妻が家事を放棄して
寝室にこもってしまいました。
理由は子供たちのケンカです。

スポンサーリンク

ストライキ開始

ほんのささいなことから始まったケンカは
最終的には、ものが壊れたり
カナタがハルカを叩いたり
ひどいものになりました。

その様子があまりにもひどかったので
妻が泣いてしまいました。

お互いのことが嫌いだから
ケンカばかりする

子供の人格形成のほとんどは
母親の責任というから
私の育てかたが間違ってしまった

そんなに自分のことしか考えられないなら
二人とも好きなようにすればいい

晩御飯の用意など子供たちの世話は
一切しないで

そんなことを私に伝えて
子供たちには黙ったまま
寝室へこもってしまいました。

子供たちの反応

このモードに一度入ったら
その日の回復は難しいので
この時点で私は夕食を諦めました。

子供たちは妻の異変に気付かず
しばらくは自分の部屋で過ごしていました。

しかし、夕食になる気配が全くなく
お腹が空いて部屋から出てきたときに
ようやく状況がわかったようでした。

小さい頃ならひたすら困って
お母さんに謝りに行くところですが
今はもう中学生です。

ハルカがカナタに声をかけ
二人で協力して晩御飯を作り
食べていました。

食べているときには笑い声も聞こえ
そこだけ見れば
仲の良いきょうだいのようでした。

スポンサーリンク

反省と謝罪

それからしばらくして
二人が私のところにやってきて
ケンカしたことを謝りにきました。

これまでにも何度となく
同じことがありました。

私が話したことも
多分ほぼ同じだったと思います。

それでも何を謝りに来たのか
何が悪かったのか
今後どうするのかといった質問をして
その場しのぎで謝るのでは
意味がないという事を伝えました。

一通り話をしたあとは
妻と子供たちの間の話なので
妻に判断は委ねました。

二人は寝室へ向かって
妻と話し始めました。

何を話してどうなったのか
私は聞いていないのでわかりません。

しかし、最後には妻が寝室から出てきて
一緒におやつを食べていました。

取りあえずストライキは終了しましたが
しばらくこの件は引きずりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク