できないものはできない

できないものはできない

何度言ってもできないものはできない。
治そうと思っても治らない。

程度や物事の大小の違いはあれ
誰にでもそういうものがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

あきらめるしかない?

私の場合は、忘れっぽいところが改善できません。
昔よりは多少よくなっている自覚もありますが
基本的なものは変えられません。

忘れ物自体が多いわけではありません。
どこかに出かけるときはメモを作ってから
抜け漏れがないことを確認しますし
持ち物を指定されれば忘れずに持っていけます。

ところが、外出先で荷物の出し入れがあると
出したものをしまい忘れたり
どこに置いたかわからなくなったり
ということがよく起こります。

電車や外出先に傘を置き忘れることは
昔はよくありました。
今は以前よりは改善されていると思いますが
どうしてもときどき忘れていまいます。

そのほかにもいろんなものを忘れました。

出張でお土産を買った帰り道の電車で
網棚にお土産を残して降りてしまったことも
何回かあります。

気持ちが先に向いてしまうと
前のことを忘れてしまうというのが
私が持っている気質のようですが
それは根本的には治せないのだろうと
今では思っています。

苦手なものはそれぞれだけど

カナタの場合は食事のマナーに
それが顕著に現れます。

例えば、小さいころから
「お椀を持つ、ご飯茶碗を持つ」
ということができません。
黙っていれば左手は常にだらりとしています。

昔は口うるさく注意してしまっていたのですが
発達のでこぼこのことがわかってからは
しつこく言うのはやめています。

それでも大人になってそのままでは
人知れず恥ずかしい思いをしないように
怒らずに淡々と指摘することだけはしています。

持ち方も正しくは持てません。
それでもそこまで言うと機嫌が悪くなるので
できるだけ黙っています。

ただ、忘れものと違って
生きていて直接困ることは少ないと思うので
私よりはましなのかもしれません。

スポンサーリンク

世の中は不平等

誰にでもできないものはあって
それを認めることは大事なことだと思います。

できないものはできない、と認めたら
その状態で対策を考えると自覚する前よりも
気持ちの面でも効果が違うような気がします。

ただ、できないものが何であるかによって
人生は大きく変わります。

そう思うと世の中はとても不平等なものだと
あらためて考えてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク