計算違い

計算違い

昨日は諸事情があって午後会社を休みました。
そのため自宅に早く帰っていたのですが
そこで思いがけないことが起こりました。

スポンサーリンク

どうしてここに?

子供たちは平日は部活があるので
帰宅は18時半を過ぎるのが普通です。

ところが昨日はそれより一時間早く
カナタが帰ってきました。

朝そういう話をしていなかったので
私がいることはカナタは知りません。

家に入ってきたカナタは
私がいることに気づくと
明らかに戸惑った様子でした。

私も思っていたより帰宅が早かったので
部活はどうしたの?と聞くと
早く終わったから、と言いました。

それからです。

何か声をかけるといちいちイライラ。
明らかに不機嫌になってしまいました。

しまいにはやることも終わっていないのに
テレビを見始めました。

さすがにそれはどうかとも思いましたが
この状態で注意したところで
逆上して話など聞けないのは自明なので
一言だけ声をかけてリビングを離れました。

その後、ハルカと妻が帰ってきてからも
不機嫌は続き
ハルカと軽く言い争いになっていました。

不機嫌な理由

事情が分からない妻に
帰ってきてからのことを話すと
こんな分析をしていました。

「部活サボってテレビ観るために帰ったのに
お父さんいて自由にできなかったからじゃない?」

なるほど。

テレビを見始めるまでの様子にも
それなら説明がつきます。

その後妻が早く帰宅した理由を
カナタに聞いていましたが
やはり要領を得ない返事をしていました。

スポンサーリンク

冷めてしまった部活熱

入学前はあんなに熱望していた部活動も
今は時々サボっているようです。

競技そのものに対する熱量も
すっかり冷めてしまった様子。

部活動そのものの運営に問題があり
やる気が出にくい状況なので
仕方ないと思う部分はあります。
そこは親にとっても計算違いのところでした。

ただ、本気でやる気があるなら
体力作りにしても
自宅でできることはあるはずですが
そういうことは全くしません。

親がガイドしてあげないとだめなところと
任せるべきところの境界線を
まだまだ見つけられずにいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク