食べ物の好き嫌いは直すべきなのか

スポンサーリンク

ハルカもカナタも小学校の高学年になる頃から
食べ物の好き嫌いが増えました。

食べ物の好き嫌い

ハルカは野菜全般が嫌いで
特にきゅうりは見るのも嫌というほどです。
ブロッコリーもサラダに小さいものが入っているだけで
文句を言います。

それ以外の野菜は食べるには食べますが
食べる速度は大変遅くなります。

そして、マヨネーズやドレッシングが苦手なために
野菜サラダはもちろん、ポテトサラダも食べられません。

さらに、苦手なものが食卓に並ぶと
食事の最初から最後まで、何なら作っている最中から
ずーっと文句を言い続けるので
言われる妻の立場になればたまったものではありません。

その態度がもとでしばしば妻に怒られています。

そして、カナタはハルカに輪をかけて
食べられないものが多いです。

キノコ類、魚全般(刺身以外)エビ・カニ類などは
口にすることもままならない状態です。

最近はほんの小さなキノコのかけらが入っていても
それを取り出してしまうほど。

ただ、野菜はカナタのほうが食べられます。
きゅうりは大好きでサラダもドレッシングがあれば
だいたい食べられます。

問題と対策

問題は、二人の好みが真逆なことです。

カナタが嫌いなシーフード系のものは
ハルカは大好きです。

一方で、ハルカが苦手なきゅうりや
マヨネーズ系の味付けのものは
カナタは大好きです。

そのために、好き嫌いを考慮して作り分けをするなど
妻もやれることをやっていましたが大変でした。

そこで、先日、最近通い始めた支援施設で
カウンセリングを受けたときに
相談員の方に対応を相談しました。

そこで話をした結果、
今後は以下の方針で対応することに決めました。

「食べられないものを無理に食べさせない」
「作りわけをせず、食べられないなら
 ご飯でおなかを満たせばよい」

まあ何か食べていれば死ぬことはないですし
成長の過程で味覚が変わることもあります。

なので、
食べ物の好き嫌いを無理に直そうとしない
という方向で行こうと思っています。

私たち自身も考え方を変えながら
対応していく必要がありますね。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。