嘆願書

スポンサーリンク

カナタの中学校生活ももうすぐ1年が過ぎ
そろそろ進級の時期を迎えます。

入学前の私たち親の不安をよそに
ここまで楽しく学校に通えていることが
何よりもよかったと思っています。

進級を前にして

楽しく通えている大きな理由が
担任の先生やクラスの友達と
いい関係ができていることです。

今の担任の先生は
妻がスクールカウンセラーから聞いた話では
学校全体の先生のなかでも細かく対応してくれる
よい先生だということでした。

入学以来何度かお話したり
事あるごとに相談させていただいたりしたなかで
私たちもそのような印象を持っていました。

ですので、ぜひとも来年も継続して
先生に担任になってほしいと思っています。

しかし、クラス替えは毎年行われ
担任も学年持ち上がりになるとは限らない
というのが普通の学校です。

黙っていれば普通にシャッフルされて
環境が望まない方向に変わる可能性もあります。

進級を前にした一番の心配事が
クラス替えとそれに伴う担任についてでした。

やれることはやる

妻がスクールカウンセラーに相談したところ
その通り対応してもらえるとは限らないが
希望は伝えるべきというアドバイスをもらいました。

それも、来年度のクラス編成は
入試前にはほぼ終わるから急ぐべきと言われました。

そこで、嘆願書、というほど体裁にはしていませんが
今の状況と希望を担任の先生にメールで伝えました。

夜書いて、朝送った長文になったメールに対して
夕方には丁寧な返信が届きました。

返事の内容はおおむね想定していたとおりでした。

気持ちは理解しているので
担任が継続できるかはわからないが
指導、対応が継続するよう配慮するという趣旨でした。

クラス編成には様々な都合があるので
生徒一人だけ個別に対応するのは難しいと思います。

苦手なタイプの先生は確実にいるので
今の先生ではなくても、苦手な先生にならないよう
そのような対応を学校が取ってくれることを
今は祈るばかりです。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。