本当の気持ちは

本当の気持ちは

ハルカは小学生の頃から
常に先生受けがいい生徒でした。

勉強面はさておき・・・
その他の面では常に先生から信頼される
そんなタイプの生徒です。

家での傍若無人なふるまいからは
想像もできない姿です。

思わぬ評価

それが中学3年生になってからは
学習面でも何かといえば代表になったり
作品が選ばれたりと目に見える形で
評価されてきました。

もちろん、選ばれることで
発表の準備が増えたり
人前で話す機会が増えたりと
ハルカにとっては負荷が増えます。

こちらとしても、そのたびに資料作りやら
アイデアづくりやらを手伝わされているので
どの程度自力でやっているのかは
少々微妙な時もあります。

それでも、ひとつ褒められたことがきっかけで
少し頑張るとまた評価されて・・・という
よいサイクルができたのかなと思っています。

本当の気持ちは

ハルカは決して口には出さず、
いつも不満を言っていますが
本当は評価されていることに対して
嬉しい気持ちがあるように見えます。

私たちも本人が報告してきたときは
全力でほめるようにしています。

自己肯定感を高めることも
とても大切だと今は理解しているからです。

褒めることは伸ばすことなんだと
ハルカを見てあらためて思う
今日この頃です。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする