ひな祭りと苦い記憶

ひな祭りと苦い記憶

今日は3月3日、ひな祭りです。

一応我が家にもひな人形がありますが
昨年は受験後のバタバタもあり
飾れませんでした。

今年は2年ぶりにひな人形を出しました。

ひな人形購入

ハルカのひな人形は三段飾りです。

ハルカが生まれてから
始めて迎えるひな祭りの前に
ハルカの祖父母、つまり妻と私の両親が
費用を折半してに買ってくれました。

当時、人形選びのために
祖父母4人とともにお店に行ったのですが
私たちはアパート住まいで
部屋もそれほど広くなかったので
親王飾りを希望していました。

妻の父母も私の父も
それでいいと言ってくれたのですが
なぜか一人で不機嫌になったのが
私の母でした。

苦い記憶

いくつかの候補から母がいいと言ったものは
サイズが大きく飾るには場所が必要だったので
私たちは候補から外しました。

そうしたらそこから大変不機嫌になり
拗ねるようなそぶりを見せ始めました。

その様子に半ば呆れるようにしていた
おじいちゃん2人とおばあちゃん。
困惑すると私と妻。

今思い出しても嫌な空気でした。

それでも、最終的には私たちが折れて
母がイチオシだった三段飾りを
買ってもらうことになりました。

場所がなくても

それから時を経ること十数年。

子供たちが大きくなり
子供部屋のスペースを作ったことで
三段飾りを置く場所はなくなりました。

こうなるのは目に見えていたのですが
当時の母の気持ちは未だにわかりません。

場所がなくなって飾れなくなったことを
ハルカは別にいいよと言っていましたが
去年はやっぱり寂しかったようです。

そこで、あれこれ考えた結果
せめてお内裏様だけでも・・ということで
昨年から使っているテレビの上の棚に
お内裏様だけを並べました。

今朝の話ですが。

ギリギリになってしまいましたが
何も飾らないよりはマシですね。
ハルカも喜んでくれたのでよかったです。

今夜は今からちらし寿司で
ささやかにお祝いします。

それでも、ひな人形を出すたびに
これからもあの日の苦い記憶が
よみがえることでしょう・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする