逃げ腰

逃げ腰

このところカナタとの距離を
どうやっておいたらいいのか考え中です。

逃げ腰

先日も書いたかもしれませんが
最近カナタが話しかけてくることといえば
「Switchできるようにしておいて」
というのが9割以上です。

それ以外には、ほとんど会話はありません。

ゲームの時間は妻とカナタで約束していて
後から共有される感じになっているので
時々カナタがウソをついてもめます。

そのもめた状態に耐えられないので
最近は納得しなくても
カナタの言いなりにしているような気がします。

今これを書き始めて気が付きましたが
私はカナタに対して
逃げ腰になっているようです。

迷い

父だから、という立場として頑張っても
子供に対してひとつもいいことはないことは
これまでの出来事で理解しています。

かといって、すべてを妻に任せて
いざというときにカナタの言いなりなのも
どうかと思います。

そういえば、私自身も
父とはあまり会話をしませんでした。

思うところはいろいろあったのですが
父のようにはなりたくない
と当時の私は思っていました。

今、私はカナタにとって
私がそうなりたくない、と思うような父に
なっているのかもしれません。

どこでこうなってしまったんだろう
と後悔しても始まりませんが
今は打開策が思い当たりません。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする