依存症

依存症

妻と私の間では
カナタのゲームとの付き合い方が
今一番の課題になっています。

依存症とは

「ゲーム依存症」と言ってしまうと
何かわかったような気になりそうですが
実は何にもわかっていません。

そもそも、依存症の定義とは思ってググると
厚生労働省のページにはこう書いてありました。

特定の何かに心を奪われ、「やめたくても、やめられない」状態になることです。
(出典:厚生労働省ホームページ (https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000149274.html)

「やめたくても、やめられない」とは
「特定の何か」が何かによって
人からの評価が変わりますよね。

もう少し引用すると依存にも大きく分けて
「物質への依存」と「プロセスへの依存」の
2種類があります。

物質とは薬物やアルコールなどが対象で
プロセスは特定の行為や過程が対象です。

ゲームの場合は「プロセス」でしょうか。

課題

今のカナタを見ていると
「やめたくてもやめられない」の
一歩手前にあるようです。

試験期間中はやるとは言いませんでしたし
まだ、話し合って決めた時間以上には
やりたいと言わない程度には我慢できます。

しかし、今後のことを考えると
特性のことも考慮しながら
いい落としどころを探す必要があります。

今日はカナタは学校が休みなので
妻が出かける前に
「依存症について調べて
 1日何分までだったらいいか
 自分で考えておいてね!」

と難しいんじゃない?
と思える課題を投げていきました。

意図としては親が決めた時間では
納得がいかないだろうから
自分で決めさせようということです。

カナタは「いやだ」と一言。

さて、どうなるのでしょうか。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする