大きな勘違い

スポンサーリンク

昨日ブログを更新した後のことです。

体調が悪く一日布団にいた妻が
夕食は作ると言って起きてきました。

妻はこんなに体調が悪いことが続くなら
ハルカが主体的に家の手伝いをしてくれないと
留学生の受け入れは無理と言っています。

ハルカとしては手伝っている気なのですが
妻の要求するレベルとは開きがあります。

加えて、ハルカはその話が出るたびに
カナタを引き合いに出してきます。

カナタは何も手伝いをしないのに
なぜ自分ばかり手伝わなければならないのか。

自分のせいで親に負担をかけているのに
その責任を自分で取る気はまるでありません。

というよりそんな責任があることも
何度言っても理解できないようです。

得意技

自分に都合の悪い話が始まると
ハルカは話をまともに聞こうとしません。

それどころか詭弁を駆使して
正当な理由を説明しても
理解できない、意味わかんない、
といって押し通します。

昨日もそういうことがあって
手伝ってくれないと不安と
妻も最初は冷静に話を始めました。

ところが、ハルカの詭弁がすぐ始まり
まともに話にならないので
話をすることをやめてしまいました。

強制的に後を継がされた私も
正直ハルカの詭弁には付き合えません。

結局伝えたいことは何も伝わらず
理解されることもなく
何となく話は終わってしまいました。

私が心配しているのは
ハルカが自分の詭弁に自信を持って
理屈で親を言い負かせたと勘違いして
得意気に見えることです。

その間違いと思い込みが強ければ強いほど
ますます言うことを聞くことはなくなり
手を焼く結果になっている気がします。

ハルカと正面切って付き合うことに
もう疲れ切ってしまったこの頃です。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ