途絶えた習慣

スポンサーリンク

2020年が始まって
もう2か月が過ぎようとしています。

今更な話なのですが
これまで長年続けてきた習慣が
今年になって2つ、途切れました。

お正月と言えば

1つ目は「書き初め」です。

きっかけは
カナタが小学1年生の冬休みでした。

小学校の頃は冬休みと言えば
課題で必ず書初めがありました。

せっかく二人とも何かを書くなら
一年の目標をみんなで書こうと
私が提案して全員で書いたのが
始まりでした。

それから昨年までずっと
毎年4人が目標を書いてきました。

しかし、今年は課題として
習字が出ていませんでした。

何よりも留学生の受け入れ準備で
冬休みはバタバタしていて
書き初めをしている時間も余裕も
ありませんでした。

私以外の家族は
まったく気にしていなかったので
仕方ないと思ってあきらめました。

小さい頃は

もうひとつは「豆まき」です。

昨年までは私が鬼役になって
毎年玄関先で豆をぶつけられて
外に逃げていました。

二人が小学生だった頃は
私が扮した鬼を真剣に怖がり
一生懸命豆を投げていたものでした。

豆まきの後にみんなで豆を食べるのも
楽しい時間でした。

しかし、カナタが中学生になり
何よりもゲーム優先の生活になって
そういうものへの関心も
極めて低くなりました。

節分の当日、豆は用意していましたが
恵方巻を食べただけで終了しました。

ちょうど入試休み期間中で
二人とも友達との遊びの約束に
夢中になっていたこともあります。

子供たちの成長とともに
家族でやることは
どんどん減っていきます。

わかっていたことですが
いざそういう時期が来ると
少々寂しさを感じます。


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。

子育て
スポンサーリンク
はるおみをフォローする
アラフォーおやじと凹凸さんの七転び八起きブログ