凸凹家族

スポンサーリンク

最近よく思います。

子供たちに発達の凹凸があるのだから
親も凹凸があって当然ではないか。

自分もそうだと考えれば
多くのことは納得できるし
対応も変えられるだろうと思うのです。

自覚が必要

妻も私も診察を受けてはいません。

ですが、いろんなことを学び
実際に体験していくなかで

子供たちに見られる要素は
自分にも同じように見られることを
認識できるようになりました。

ハルカもカナタも片付けが苦手ですが
私もかなり苦手です。

ハルカは文字から情報を読み取ることが
かなり苦手ですが
妻はハルカ以上に苦手にしています。

カナタは不器用で
いろんなものを壊してきましたが
私も子供の頃は同じでした。
むしろカナタ以上だったかもしれません。

ハルカは自分(妻)に
カナタは私にそっくり
と妻は言います。

なので程度の差はあっても
同じような凹凸が
私たちにもあるはずです。

日々の生活を快適にするために
それを常に忘れないことが
私にはとても重要だと思いました。

それを感じたのは
今週からの学校再開によって
バタバタな朝を過ごしたからでした。

もっとも、冷静に考えれば
それは以前の生活に戻っただけですが・・・


本日も私のブログをご覧いただき
ありがとうございました。